スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 北部耕地出張所 >  北部耕地の仕事


最終更新日:2019年5月07日(火)


北部耕地の仕事


北部耕地の仕事

私たちがどのような仕事を行っているのかを紹介致します。


※各工種の紹介文につきましては、出張所の若手職員が自分たちなりにわかりやすく説明しているつもり?ですが、わかりにくかったらごめんなさい。

工種ごとに表現方法がそれぞれ違いますので、個性をお楽しみください。

2整地~「整地(せいち)」って、なあに?~

整地工について(水田レシピ)

 草地

工事前の水田は小さく、いびつな形をしていることが多いです。近年の営農を行う大型機械に対応しているとは言えず、大型機械の性能を生かす事が出来ません。とても効率的ではないため、農家の方々は、困っています。(-”-;)(PCに例えるならばOS等はしっかりとしていますが容量自体がなく起動が遅くイライラするイメージです。)

そこで、今まで小さく使いにくかった水田数枚を1枚にして形を整え大きくし(大区画化といいます。)効率的な作業が出来るようにすることを目的に工事をしています。

それでは、上記の水田の工事の流れを説明していきます。ただ単純に均すだけでは無いのです。
整地画像整地画像

 まず、作土を剥ぎ取ります。作土とは、農家の方々が長年大事に作ってきた、おいしい作物が作れる土壌です。(料理人の包丁の様に大事なものです。)

 ですから1番最初にどれくらいあるか確認して剥取り、堆積していくわけです。※作土とは一般的に、水田では表面から15cm深まで、畑では40cm深までの土のことを言い、作物を育てる上で一番重要な土です。

画像聖地

 

 次に高い水田から低い水田に土壌を運んで行きます。基盤は作土が載る台ですからデコボコしていては、作土もデコボコになってしまい作物の生育状況がバラバラになってしまいます。

(作物の生育状況がバラバラになってしまうと収穫の時期、品質がバラバラになってしまい出荷等に影響が出てしまうのです。)

 又、ある程度しっかりとした基盤を作らないと大型営農機械がうまく走れません。営農機械だってたまには田んぼに足を取られるんです!ですから水平にしっかりとした基盤を作っていきます。

聖地seiti

次に水田ですので、水が溜まるように水田の周りに囲いを作らなくてはいけません。(もんじゃ焼きでいう土手ですね!)

 基盤を作る際にある程度の土壌を基盤の隅に堆積しておきます。その土壌をしっかり踏み固めて形を整えて作っていきます。この囲いの事を『畦畔』といいます。

 基盤が綺麗に仕上がったところで作土を戻します。完成までもう少し!丁寧に戻し基盤と同じように水平に仕上げていきます。
 

 整地工は、当たり前ですが作物を植えていない時期で無ければ出来ません。稲作農家の方が多い空知では秋(刈り取り時期)の施工が非常に多いですが、秋は雨が多いので表土を戻すときは基盤の乾き具合を見て戻さなくてはなりません。

 作土を剥ぎ取ってから雨が降り、乾かないうちに基盤を作ろうとしたり作土をすぐに戻そうとすると、せっかく綺麗に作り上げたものがぐちゃぐちゃになってしまいます。

整地画像

 完成です!O(^o^)oこれで、大型機械の性能が生かされ効率的な作業が出来るようになりました。『水田も1日にしてならず!』このような工事を経て水田が作られ、おいしい作物が実り皆さんの食卓に上がるわけです。

さ~明日から職場、学校、家族などに水田の作り方を語って下さい。意外と知らない人は多いはずです。すてきな知識を自慢してください。

2用水路・排水路  

用水路・排水路工  

     農業に必要な水を流すことを目的として作るもの!

農業に必要な水を流すために必要なものが『用水路』です!

水は川などから取水し、用水路を通って田んぼに運ばれます。

そして、田んぼや畑で使った水は排水路を通って川に戻るのです。

だから、用水路と排水路は切っても切れない関係だよ。

全体1

 

川の上流には、水をためておく貯水池があります。

雪解け水をためて、農地に運ばれるのです。

ため池 

昔に作った用水路は年々雨風にさらされてボロボロになっていき、水が流れにくくなっていきます。

 

← 不陸(地面がガタガタ)で水をいっぱい流せません。

用水

ご覧のようにコンクリートトラフ(コンクリート製の排水路)の継ぎ目の部分に隙間が出来て、水漏れも発見されました!!

用水路2

工事します!

新しくコンクリートトラフにします。

工作道路

出来上がりです!!

水は、人間に欠かせないものでもありますが、食物を育てるのにも欠かせないものなのです!!

おいしいお米や、新鮮な野菜には豊富な水が必要なのです。

 

                                                  

 

 

 

 

                                                     画像

2客土~「客土(きゃくど)って、なあに?~

客土工
作土の薄い耕地へ、作土となる土壌を他の場所(土取場)から運び入れ、その耕地に散布し、作物が生育に必要な作土を確保する工事だよ。作土が不足していると、立派な作物が育たないんだよ。


客土画像

 

 

作土が不足しているなぁ...

これでは、立派な作物が育つかなぁ...心配です

 

 

客土画像



そうだ!客土をやってみよう!!

作土が不足しているほ場に重機で土壌を運び入れるよ。

小さな山をつくっていくよ

 
客土画像


 


小さな山を平らに均して完成!!

ほ場もよろこんでいる様子

改良されたほ場で立派でおいしい作物が育つんだ!!

 

2暗渠排水~「あんきょはいすい」ってなあに?~

暗渠排水工

暗渠排水とは、ほ場下の地中に穴の空いた管を設置し、これを通してほ場にある余分な水分を外に排出するものです。

おいしい農作物をつくるには、ほ場にある水分をより良い状態にする必要があります。

画像

ほ場に水がたまってしまっています。

 

このようなところではおいしい農作物がつくれません。

 

 

草地

左のような形で地中に管を設置します。

管の上には疎水材(管の中へ水を導きやすくするもの)を入れます。

 

暗渠

暗渠排水があるところ(右側)、ないところ(左側)です。

 

排水状況の違いが明らかですね。

 

お米について、排水を良くすることによってタンパク質含有量が下がり、食味が上がるとの報告がされています。

2農道

農 道 工

農道は、街と街を繋ぐ国道や都道府県道のような幹線的な道路と違い、生産地から農協などの集積場や市場までを繋ぐような支線的な道路です。

作る目的として

1 農作物の荷痛みの減少(ガタガタ道では痛んだり、時間がかかることで鮮度が下がる

2 距離短縮により運搬費の削減などを図るために造成しています。

これらは直接的な目的ですが、間接的には農道を整備し農村の生活環境の向上を図ることで、魅力ある農村社会の形成を担う役割ももっています。農村に魅力をもたせることにより農家の後継者が増えてくることを期待しています。

 

圃場

 深川

 

戻る       home 

 

事業・工事等のお問い合わせは、お住まいの市町村、最寄りの土地改良区または北部耕地出張所にご連絡をお願いします。