スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 森林室 >  河川水濁度調査1_空知総合振興局森林室


最終更新日:2017年10月05日(木)

 
 

河川水濁度調査(かせんすい だくど ちょうさ)

 
道有林を流れる河川の濁度を定期的に調査しています。
 
調査データご覧いただくことで森林が持っている機能を知っていただき、併せて道有林の森林管理・経営について理解していただければ幸いです。
道有林内の渓流"

調査河川

 ・・・ 奈井江川
 
奈井江町内を流れる奈井江川で調査を行っています。
 
奈井江川について
 

調査項目・調査方法

 

流域情報

 ・・・ 流域面積、土地利用と地質の種類別面積割合
 
既存の資料により調査し、別ページに掲載しています。
測定機器
 
計測機器 HACH 2100P TURBIDIMETER

採水情報

 ・・・ 濁度、採水時の河川の状況、降水量
 
奈井江川本流の上の地図の印の箇所(2箇所)を固定調査箇所とし、定点観測しています。
 
採水は年3回(春・夏・秋)定期実施し、大雨注意報が発令されるなどの降水量が多い時にも随時実施しています。
 
濁りが異常な場合には、濁水発生源の探索のために他の箇所で採水することがあります。
 
濁度は計測機器(右写真)を使い測定します。
(表示ケタ数は3ケタです。大きな値でも3ケタしか表示されません。)
降水量は、最寄りのアメダス観測所( 美唄 )の情報を利用しています。
 
 

調査結果

(採水情報)
  ○平成25年度~現在まで

 
 

採水時の状況

 
共和橋
共和橋付近の河川の状況
共和橋での水深
2号橋
2号橋付近の河川の状況
2号橋での水深



空知総合振興局森林室のページ(トップページ) に戻ります