スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設管理部 > 札幌建設管理部 >  石狩川下流減災対策協議会について


最終更新日:2018年3月06日(火)

石狩川下流域外減災対策協議会について


  北海道札幌建設管理部では近年の相次ぐ台風被害や集中豪雨等による甚大な被害状況を踏まえ、社会
全体で洪水に備える「水防災意識社会」の再構築を推進するため、北海道開発局札幌開発建設部、札幌市、
旭川建設管理部と合同で、石狩川下流域外(外とは管内2級河川をいいます)において、北海道が管理する
中小河川に関する協議会を設置しました。

 協議会では、減災のための目標を共有し、ハード対策とソフト対策を一体的、計画的に進めるため、現状の
水害リスク情報や取組状況の共有、概ね5年以内に実施する地域の取組方針等を作成します。

 協議会での取組状況等については、札幌開発建設部のページからご覧いただけます。


   【札幌開発建設部のページ】

      水防災意識社会再構築ビジョン