スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 滝川地域保健室 >  エイズのはなし


最終更新日:2017年7月07日(金)

エイズのはなし

エイズとは

   HIVと呼ばれるウイルスに感染することにより、体の病気に対する免疫が低下します。

  その結果、様々な病気を発症した状態を「AIDS-エイズ-」といいます。

  HIVはウイルスの名前、エイズは病気の名前です。

  現在、体内からHIVを完全に取り除くことは出来ませんが、HIVに感染しても普通に社会生活を送ることが可能になっています。

  発症する前に薬を飲むことで発症を遅らせ、入院することなく他の慢性疾患と同じように通現在、体内からHIVを完全に取り除くことは出来ませんが、HIVに感染しても普通に社会生活を送ることが可能になっています。発症する前に薬を飲むことで発症を遅らせ、入院することなく他の慢性疾患と同じように通院しながら生活を送ることができます。

ribbon



                      

日本のHIV感染者

 2015年にHIVに新たに感染した人は、全国で1,006人、北海道では33人です。全国では2,008年の感染者数は、1,126年をピークに横ばい傾向にあり、北海道は、微増の傾向にあります。

 

 北海道の保健所で無料・匿名で行っているHIV抗体検査は、2009年の新型インフルエンザ以降、検査件数が減少しています。もっとも多かった2008年は3,880件の検査件数でしたが、2,016年には1,670件と、ほぼ半減しています。

          

 


 

HIV抗体検査

 滝川保健所では、匿名・無料でHIV抗体検査(迅速)を行っています。

 来所してカウンセリングのあと、採血して検査結果をお伝えするまで約1時間程です。

 

 

どのタイミングで検査を受けたらいいか

 感染の有無をはっきり知りたいときは、感染の機会があってから3ヶ月経過してからの検査をおすすめします。

 感染の機会があってから3ヶ月程度経過しないと、正しく検査結果がでないためですが、エイズに関して不安なことがあったり、相談したいことがあれば、滝川保健所で無料・匿名で相談を受けられますので、お電話ください。

 

 

滝川保健所のHIV抗体検査 予約・相談について

 滝川保健所では、検査の予約や相談を受け付けています。エイズ相談専用ダイヤルに電話するとエイズ相談の担当者が直接電話に出て対応いたしますので、ご相談、検査の日程につきましては、次の専用ダイヤル 又は 健康推進課の保健師までお問い合わせください。

 エイズ相談・予約専用電話

0125-24-3666  

 滝川保健所(健康推進課)

0125-24-6201 

 
 

 

「検査でしか確かめられないこともある」

確かめたいときは、滝川保健所HIV抗体検査へ

無料・匿名・結果は1時間後

 


  滝川保健所トップページ に戻る