スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2013年9月03日(火)


管内概況


支所管内の概況
由仁支所管内図 美唄市ホームページへのリンク

 由仁支所の所管区域は、夕張市、南幌町、由仁町、長沼町及び栗山町の1市4町で、空知総合振興局では最も南部に位置しており、南は胆振総合振興局、西は石狩振興局、東は上川総合振興局と接しています。
  管内人口は平成22年国勢調査では50,627人(男性23,972人・女性26,655人)で世帯数は20,692世帯となっています。人口は平成17年の国勢調査(55,795人)と比較すると大きく減少しています。
  総面積は1,350.75㎢で比較的起伏の少ない平野部と面積の半分以上を占める夕張山地からなっています。

  気候は東部の山間・丘陵地帯は内陸性の気候で寒暖の差が激しく、積雪、降水量も多いが、西部の平野部は海洋性気候の影響を受けて年間を通して温暖で晴れの日が多く、夏は比較的涼しく積雪は概して少なくなっています。
  管内の基幹産業は農業で、農家戸数は空知全体の4分の1を占めており、管内の中央を縦断する夕張川がもたらす農業に適した肥沃な土地で、稲作を中心にメロン、玉葱、ネギ、キャベツなどの主産地を形成しています。
  各市町とも恵まれた自然環境、交通網、地理的条件を生かし、道内外の企業を誘致するとともに農産物等の特産品に付加価値を高めた加工品の製造や、都会の人たちが農業を身近に体験できる機会を創出し提供する取り組みも進められています。
  また、リゾート開発が進み数多くのゴルフ場、温泉利用施設、オートキャンプ場やその他運動施設を有し総合的な産業振興が図られています。
 

ここが由仁支所です

由仁支所へのアクセスマップ