スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  AIDS(健康推進課)


最終更新日:2018年4月12日(木)

   

AIDS(健康推進課)


  エイズのこと知っていますか?

 目 次       

  • エイズ(AIDS)とは?
  • エイズの主な感染経路
  • こうしたことではうつりません
  • 予防に有効なのはコンドーム
  • 感染が心配な時は保健所でHIV検査を受けましょう
  • 検査が受けられる時期
    • 平成30年度HIV抗体検査のお知らせ(予約制)
    • もしHIVに感染していたら

      エイズ(AIDS)とは

       

       エイズはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)と呼ばれるウイルスに感染して起こる病気です。このウイルスに感染すると、免疫機能の主役である白血球の1つであるリンパ球が壊され、免疫機能が少しずつ弱くなっていき、色々な病気にかかります(エイズの発症)。病気が進行すると肺炎や悪性腫瘍で命を失うこともあります。

       エイズ動向委員会の報告によると、2016年12月27日現在、日本におけるエイズ患者数は8,523人、HIV感染者数は18,920人であり、近年、エイズ患者は年間400人以上、HIV感染者は年間1,000名以上と横ばいが続いています。

       

      エイズの感染経路

        エイズの主な感染源は「血液」「精液」「膣分泌液」です。

      (1)性的接触による感染:感染原因の8割以上

              感染者の精液や膣分泌液に含まれているHIVが、性器や直腸・口などの粘膜を通して

             パートナーの体内に入り、感染する可能性があります。

      (2)血液による感染

          現在の日本では、輸血による感染の心配はほとんどありません。問題は、汚染された注射針

          での覚醒剤などの回し打ちです。また、感染者の血液が傷口や粘膜に大量につくと、感染す

          する可能性があります。

      (3)母子感染

         母親が感染している場合、妊娠・出産時に血液などを介して感染する可能性があります。

         母乳からの感染も報告されています。特に感染予防対策を行わなかった場合の母子感染の

         確率は10~30%です。

       

       こうしたことではうつりません

        HIVの感染経路は限られています。空気感染や、唾液・蚊などを介しての感染はありません。  

       性的接触以外の日常生活では、ほとんど感染の心配はありません。 

       たとえば次のようなことは、心配ありません。

      ○   軽いキスや唾液、せき、くしゃみ

      ○   握手や会話

      ○   蚊・ペット

      ○   プールやお風呂・トイレ

      ○   飲み物や食べ物

       

       予防に有効なのはコンドーム

        HIV感染のうち、8割は性的接触によるものです。性行為でのHIV感染率は0.1%~1.0%ですが、たった一度の性行為での感染も報告されています。性行為における感染を予防するためには、コンドームが有効です。 ただし、コンドームは性行為の最初から使うことが必要です。 

       

       感染が心配なときは保健所でHIV検査を受けましょう

       HIV抗体検査とは、血液の中にHIV(エイズウイルス)に対する抗体があるかどうかを調べる検査です。HIV抗体を調べることで、HIVへの感染の有無を調べることができます。岩見沢保健所では「即日検査」を導入しているので、1時間程度で検査結果がわかります。

       また、感染の心配のある人は匿名・無料で検査を受けることができます。
       HIV抗体検査は、5~10ccほどの採血をするだけです。これをまず「スクリーニング検査」にかけます。ここで反応があれば陽性、なければ陰性となるわけですが、陽性の結果が出た場合はさらに「確認検査」を行います。「確認検査」によって陽性の結果が出た場合は、血液中にHIVの抗体がある、つまりHIVに感染していると判定されます。検査を受けてからだいたい2週間前後で結果が出ます。

       

      検査が受けられる時期

      感染の可能性のあった日から3カ月未満は正確な判定はでません。
       なぜならHIVに感染してから体の中に抗体ができるまでの確実な期間が3カ月程度と言われているからです。それ以前に検査をしても感染の有無を確かめることはできません。

      HIV抗体検査は、感染の可能性のあった日から3カ月以降に受けましょう。

       

         平成30年度・HIV検査のお知らせ(予約制)

      【検査日程】

    •  月2回、平日に実施します。                                   

      ※日程などについてはお問い合わせください。        

       【検査場所】

       地図はこちら(クリックしてください)

          場 所:岩見沢保健所(空知総合振興局内)

          住 所:岩見沢市8条西5丁目

             (岩見沢市民会館・まなみーるの向かいの建物です) 

      【検査結果通知について】

        検査当日は、問診および採血を行います。

        結果については、採血の約1時間後に直接お伝えします。 後日郵送での通知はしませんので、あらかじめご了承ください。


      【検査申込み・問い合わせ先】

        岩見沢保健所 健康推進課 健康支援係   

       電話番号 0126-25-6632(エイズ相談電話専用回線)

        ※ 予約制なので必ずお電話等で予約をして下さい。

        ※ 受付時間:平日9:00~17:15まで

       

      もしHIVに感染していたら? 

        もしHIVに感染していても数年~10年以上の無症状期間は、普通の生活ができます。医学の発達により、さらにエイズの発病を遅らせることができます。

       不安な気持ちを支えてくれるのは、納得できる医療と、悩みを打ち明けられる相手です。健康を維持するよう努め、生活を楽しみましょう。