スマートデバイス表示はこちら

音声で読み上げる  

空知の概要

くらし

日本一長い直線道路・国道12号
日本一長い直線道路・国道12号(美唄~滝川間)

保健医療

 管内では、「新・北海道保健医療福祉計画(改訂版)」に基づき「安心して心豊かに暮らすことのできる地域社会の実現」に向けて取り組んでいます。
 また、「新・北海道保健医療福祉計画(改訂版)」では、管内を南空知・中空知・北空知の3つの第二次保健医療福祉圏域に設定し、部門別計画として作成される「北海道医療計画」等、保健・医療・福祉に関する計画に基づき、各圏域毎に、だれもが、住み慣れた地域の中で、健やかに、いききと自立して暮らすことができるよう、市町村や関係機関と一体となった取組を推進しています。

社会福祉

 管内の総人口に占める65歳以上の人口比率は、昭和40年代に入って全道平均を上回り、その差は徐々に広がりをみせ、道内でも非常に高齢化の進んだ地域となっています。
 こうした中、平成12年度からスタートした介護保険制度により、介護を必要とする方が安心して暮らしていけるよう、様々な取り組みを進めるとともに、高齢者の方の自立した生活につながる市町村の取り組みを支援しています。
 また、障がいのある方が地域で自立した生活ができるよう、福祉、保健、医療、教育、労働など関係分野の連携のもと、総合的な福祉サービス提供体制の整備を進めるとともに、安心して子育てができる環境づくりのため、保育所や地域子育て支援センターの整備を促進しています。

衛生

 管内の平成27年度末の水道普及率は、99.1%であり、全道平均(98.3%)を上回っています。
 また、水洗化率は、86.8%と全道平均(90.3%)を下回っており、合併処理浄化槽等の整備を進める必要があります。

ゴミ処理

 管内のごみの1日一人当たりの排出量は、ここ数年微増傾向にありましたが、平成27年度は前年度の1,025gから922gに減少し、全国平均(939g)、全道平均(984g)を下回りました。これは、各自治体の分別収集・リサイクル等に対する取組みや地域住民の廃棄物適正処理の意識の高まりによるものと考えられますが、今後も「循環と共生を基調とする環境負荷の少ない持続可能な北海道」を目指して、ごみの排出抑制や減量化の取組みを続けていく必要があります。

住宅

 管内の平成28年度の住宅着工戸数は、1,007戸あり、そのうち、持家は500戸で借家は507戸となっています。
 管内の公営住宅管理戸数は、平成28年度末現在、道営住宅1,860戸、市町営住宅14,614戸となっています。
 平成28年度における公営住宅の建設実績は、市町営住宅140戸であり、地域の森林資源を活用した木造公営住宅や、子どもからお年寄りまで、全ての人が安心して暮らせる住まいの実現を目指し、「ユニバーサルデザイン」の考え方を取り入れた公営住宅の整備を進めています。

防災・消防   

管内は主に石狩川水系の上流部から下流部位置するため、昭和56年発生の大雨により大きな災害に見舞われましたが、近年は河川改修や道路の整備が進み、大きな災害は減少しています。

しかしながら平成28(2016)8相次いで発生した4つの台風(7、11号、9号、10号)が北海道に上陸・接近した時には、芦別市1時間雨量48.5mm、赤平で24時間雨量が175mmとなるなど、過去の記録を塗り替える雨量が観測されたため空知北部で床上浸水発生、他にも暴風による屋根の破損などが相次ぎました。

また、空知地域は雪多く降る地域でり、特に平成23豪雪では自衛隊派遣による除排雪作業されるなど、住民の生活に支障が出る場合もあります

平成28年度では雪下ろし除雪による死者が4人・重軽傷者25人となるなど、毎年のように「雪害」発生しています

空知地域の消防は、4消防本部・5地区消防事務組合・消防組合から成り、空知24市町の消防・防火活動を行っています。

平成28年(1月~12月)の火災発生状況は、135前年比+18件)でその内の住宅火災が40件、死者数8人・負傷者数17なっています。

主な出火原因は「ストーブ」「たばことなっていることから、日頃の火の取り扱い十分注意する必要があります。

空知総合振興局では、災害に強いまちづくりを進めるため、地震や都市災害等を含めた総合的な防災体制の構築と対策の実施に取り組んでいます。

 

交通安全

 平成28年の道内の交通事故による死者数は、前年に比べ19人少ない158人となりましたが、発生件数と傷者数は増加しました。
 また、管内の交通事故による死者数は、前年に比べ18人少ない11人となり、記録が残る昭和37年以降で最小となりました。
 近年は、高齢者が関与する事故が増加傾向にあり、また、依然として飲酒運転による事故や逮捕事案が後を絶たないことから、関係団体や市町と連携しながら、地域一体となって、飲酒運転の根絶や高齢者の交通事故防止など、様々な交通安全運動を展開し、交通事故の防止に取り組みます。

道路交通

 全国で最も長い直線道路を有する国道(R12)をはじめ、管内の国道、道道、市町道の路線実延長は、平成28年4月1日現在で8,203.6kmとなっており、全道の約9.2%を占めています。
 主な事業としては、主要道道美唄富良野線特定交付金事業を行っています。
 当該路線は、美唄市の国道12号との交差点を起点とし、富良野市の国道38号に至る延長55Kmの主要地方道です。
 通行不能区間を解消し、南空知地域と上川南部地域の短絡ルートが形成され、観光アクセスの向上、物流効率化の支援、災害活動に対するリダンダンシーの向上等を目的とした事業として、平成21年度まで国が開発道路として施工し、平成22年度から北海道が引き継ぎ施工しています。幌子トンネルが平成27年3月に貫通し、平成28年度からは東美唄トンネルに着手しており、平成34年度の完成・供給開始を目指し事業を推進しています。
 この他、「道路施設の的確な維持管理推進による安全・安心な道路ネットワークの形成」、「防災・安全を支える道路ネットワークの強化」、「各地域における地域経済の活力向上を図る道路ネットワークの機能向上」、「農産物流の効率化を支援する道路整備」、「観光地等を結ぶ道路ネットワークの充実」に取り組んでいます。